モニター調査

●あかつきについて知る
目的:福島県産桃の現状把握と新たな市場開拓・販売戦略のための調査
消費者、バイヤーから見た福島桃へのイメージを分析・把握する
福島の桃の可能性を探る
生食と加工をそれぞれ調査をし、商品開発・販売戦略に活かす。
消費者からみて他の産地の桃と比べた福島桃の立ち位置。

→モニター調査
大学・研究機関との共同研究により、消費者・実需のニーズを解明し、新たな販売戦略の確立に取り組む。

●消費者モニターツアー
[目的]モモの旬の時期(8~9月)に、県外の消費者を対象とした旬の果実を味わうツアーを実施し、参加者の評価・コメントを収集する。
[対象]県外の消費者
●消費者グループインタビュー(果実・加工品)
[目的]食味、パッケージデザイン、価格への評価を確認し、商品の改善方向を明らかにする。
[対象]県内消費者 (果実・ジュース)
[対象]首都圏消費者(果実・ジュース)
●顧客意識アンケート調査
[目的]価格への評価、顧客の求める情報を確認し商品の改善方向を明らかにする。
[対象]農家直送果実を受け取った消費者(自家購入・贈答入手)
●インターネットリサーチ
[目的]福島県産果物の新たな顧客獲得へ向けた需要を明らかにする。販売チャネル別・顧客層別のニーズを解明する。
[対象]福島県産果実の主な消費地(県内・首都圏・大阪・名古屋・福岡・札幌)