さくらんぼ

cherry001

初夏を告げる、赤い宝石

=高砂=
本当に熟せば、甘味もあり、とても美味しいさくらんぼです。佐藤錦の交配樹として植えられてますので、全体の収穫量は少ないです。収穫時期は6月中旬
=佐藤錦=
誰もが知る。キング・オブ・さくらんぼ。糖度は20度以上で、甘味・酸味のバランスが取れてます。ご贈答用にお薦めです。収穫時期は6月中旬~下旬
=紅秀峰=
糖度20度以上あり大玉で果肉が固めで美味しいさくらんぼです。 こちらも佐藤錦の交配樹として植えられてますので、全体の収穫量は少ないです。 収穫時期は7月上旬

もも

peach001

夏のフルーツ王…

=はつひめ=
福島県で育種した平成21年に品種登録された新しい桃です。まだ収穫量は少ないですが、これから期待の桃です。収穫時期は7月上旬~中旬。
=あかつき=
福島県の桃と言えばあかつき!!栽培面積のおよそ半分があかつきです。福島県で大事に育てられた品種です。福島市の祭り、信夫三山暁(あかつき)参りから命名されました。収穫時期は8月上旬~中旬。
=川中島白桃=
桃の中でも、とても大玉果になる品種です。収穫後追熟させて食べます。収穫時期は8月下旬です。
=ゆうぞら=
白桃とあかつきの交配からうまれた子供です、夕空のようにきれいな色つきから命名されました。収穫時期は9月上旬です。
=さくら白桃=
桃の革命児、大玉果、甘くて美味しい!三拍子揃った桃です。いまはまだ栽培面積が少なく希少です。収穫時期は9月中下旬です。

なし

pear001

秋の味覚のトップバッター

市町村別では、福島市が全国一位の生産量を誇ります。
=幸水、豊水=
赤なしといえばこの2品種。幸水は甘みが強く果汁も豊富。豊水は甘みと酸味のバランスのよい品種です。収穫時期・幸水/8月下旬~、豊水/9月中旬~10月上旬
=20世紀
青なしの代表格。明治時代から親しまれてきました。多汁で上品な味わいです。 収穫時期・9月中旬~10月中旬 
上記3品種で生産量の9割近くを占めます。
=あきづき=
500gほどにもなる大玉品種です。甘みが強く人気は急上昇中です。収穫時期・9月下旬から10月初旬
=南水=
長野県生まれ。その甘さに誰もが魅了されます。 収穫時期・10月中旬
=涼豊=
600g~900gにもなる超大玉な福島県オリジナル品種。冷蔵貯蔵も利きますので、12月にこたつに入りながら食べられます。収穫時期・10月初旬~10月中旬

ぶどう

grape001

種なしが主力、福島のぶどう

=種無し巨峰=
言わずと知れた日本の代表品種。かつて正式名称は「石原センテニアル」といい、「巨峰」というのは、「商品名」でしたが、広く一般にひろまり今では定着しています。果房は600g、果粒は15g位と大きく、糖度は18~20度位になります。上品な香りで食味は極めて良好。収穫時期は9月上旬から下旬です。

りんご

apple002

初冬のご馳走、蜜たっぷりの贈り物

=ふじ=
昭和14年に誕生したリンゴの救世主。品種別生産量が世界一に。いまや22ヶ国で生産される「世界でいちばんうまいリンゴ」です。収穫時期・10月下旬~12月初旬
=つがる=
全国で二番目に多く生産されています。甘くジューシーで後味がすっきり。夏のカラダにスッとしみこむようです。8月末から店頭に並ぶ。
=シナノスイート=
ふじとつがるを親に持つ品種。生産者の間では「ポカリスエットリンゴ」と呼ばれていたように、甘く爽やかな後味が特徴。若年層を中心に人気があります。収穫時期・10月上旬~中旬
=王林=
福島県生まれの品種。甘さと完熟したときの独特の香りが特徴。収穫時期・10月中旬~下旬
=陽光=
甘く粗めの食感が特徴です。 収穫時期・10月中旬~10月下旬

ブルーベリー

blueberry01

そのままでも、加工しても美味しい!

=ハイブッシュ系=
収穫時期 6月下旬~7月下旬。柔らかく、酸味と甘みのバランスが取れた素晴らしい品種です。

=ラビットアイ系=
ハイブッシュ系より果実が固いため日持ちがします。大玉になり甘みの強い系統です。